170210_information_1_img1

セガ・インタラクティブ(本社:東京都大田区 代表取締役社長CEO:杉野行雄)は、株式会社PFU※1が開発を手掛けるマルチ電子マネーチャージ機(以下、本チャージ機)を採用し、全国のアミューズメント施設に向けて販売していくことを決定しました。

本チャージ機は、株式会社PFUが開発を手掛け、「Suica」「PASMO」などの交通系電子マネーや、「楽天Edy」「nanaco」「WAON」といった各種電子マネー※2のチャージがひとつの機器で運用できる、電子マネー業界初※3となるソリューションを目指しています。

また本チャージ機は、TFペイメントサービス株式会社が提供するクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)※4」を採用し、将来的な電子マネーブランドの追加や各種機能追加等を、ネットワークを通じ実装していくのに適したシステムとなります。

本チャージ機は、今夏から順次全国のアミューズメント施設へ展開できるよう開発中です。なお、2月10日より開催される JAPAN AMUSEMENT EXPO 2017※5にて、セガ・インタラクティブブースでの出展を予定しております。

セガ・インタラクティブは、マルチ電子マネーチャージ機を通じて、アミューズメント施設利用者がお手元の電子マネーでアーケードゲームを楽しめる環境作りを推進していきます。


170210_information_1_img2


※1 株式会社PFU(横浜本社:神奈川県横浜市西区 代表取締役社長:長谷川清)は、創業以来、コンピュータの専門メーカーとして、ICT環境の提供による安心・安全で快適な業務の実現を通じ、お客様のビジネスと社会の発展に貢献してきました。現在では、コンピュータ開発で培った技術を基に、ドキュメントスキャナ、情報KIOSK、組込みコンピュータなどのハードウェアおよび、セキュリティ・文書管理などのソフトウェアやサービス、ITインフラ構築や他企業と提携したマルチベンダーサービスなど、ICTに関する製品・サービスをトータルにご提供しています。

※2 チャージ可能な電子マネーは、交通系電子マネー(Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)、楽天Edy、nanaco、WAONです。

※3 中日社調べ(2017年1月時点)

※4 マルチ電子マネー対応のシンクライアント型決済サービス「シンカクラウド」は、従来の電子マネー決済サービス(リッチクライアント型)と比べ、決済端末導入時の大幅なコスト削減を図ることができます。また柔軟なサービス連動機能による拡張性や、従来は決済端末側で行っていたセキュリティ処理を「シンカクラウド」側で対応することによって優れた安全性を提供することができる、などの特徴があります。

※5 JAPAN AMUSEMENT EXPO 2017(ジャパンアミューズメントエキスポ)は毎年2月に千葉市の幕張メッセで開催されているアーケードゲームの展覧会です。主催はジャパンアミューズメントエキスポ協議会(日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA) 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU))です。

※6 TFペイメントサービス株式会社(東京都港区 代表取締役社長:増田俊朗)は、クラウド型決済プラットフォーム「シンカクラウド」を中核とした電子マネー決済事業、地域ポイント/マネーによる地域経済活性化支援事業、電子マネーソリューション事業、NFCソリューション事業など、国内における電子マネーサービスの提供に留まらず、常に進化し続けるクラウド型サービスを展開しています。 www.thincacloud.com/

Thincacloud/シンカクラウドは、TFペイメントサービス株式会社の登録商標です。
「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。「manaca/マナカ」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。「nanaco」は、株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。



記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。