Creator’s Interview マーチャンダイジング部 MD開発2課 大穀良美 マーチャンダイジング部 MD開発3課 前野伶

愛のあるものづくり! 大穀良美

創る幸せ笑顔 前野伶

代表作

  • 大穀良美 担当プライズ:
    『エヴァンゲリオン』シリーズなど
  • 前野伶 担当プライズ:
    『サンリオキャラクター』、映画タイトルなど

UFOキャッチャーでとったぬいぐるみを見て、
「このようなプライズを作る仕事もいいな」
と思ったんです

-おふたりが所属する、マーチャンダイジング部とはどのような部署ですか?

大穀

プライズ(セガプライズ)の企画・開発・販売、そして店舗向けのプロモーションまでを一括で行っている部署です。ちなみにプライズというのは、クレーンゲーム機の専用景品のことを指します。

-そもそもセガに入社したきっかけは?

大穀

私たちふたりは新卒入社の同期でして、今年でちょうど入社10年目になります。私は学生時代からキャラクターグッズが好きで集めていたのですが、そのなかにセガプライズがあったのがきっかけです。将来、このようなキャラクターグッズ製作に携わりたいと思いまして、新卒でセガを受けました。なお当時は、とくにディズニーキャラクターの"スティッチ"が大好きでして、海外にまでディズニーグッズを買いに行くほどの"キャラクターグッズ好き"だったんです(笑)。

前野

私も同じくキャラクターグッズが大好きで、とくにぬいぐるみを集めていたのがきっかけです。また、大学時代にはオリジナルのキャラクターを作ってアニメ制作を手掛けておりまして、"いつか自分のキャラクターの製品を作りたい"、"キャラクタービジネスに関わりたい"と考えていたんです。そんななか、UFOキャッチャーを通じてセガプライズの魅力を知り、この会社でたくさんのぬいぐるみを作りたいと思い、セガの入社試験を受けました。

-学生時代はよくゲームセンターには行かれていたのですか?

大穀

はい。とはいえビデオゲームではなく、おもにUFOキャッチャーやメダルゲームで遊んでいました。

前野

私も、ぬいぐるみ欲しさにゲームセンターに通っていました。当時は、セガのプライズという認識もなく、たまたまUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみのタグを見て、「このようなプライズを作る仕事(会社)もいいな」と思ったんです。

株式会社セガホールディングス
セガ 製品情報サイト
セガプラザ公式サイト
セガ・インタラクティブサポーターズサイト