検索結果:000件
●●●●●●●●●●●●
一覧へ戻る
ヒストリーで見る
カテゴリーで見る
検索結果:000件
●●●●●●●●●●●●
閉じる






ヒストリーで見る
カテゴリーで見る






カテゴリー
テキスト検索
検 索
リセット
検索結果:0件
該当するタイトルが見つかりませんでした。
別のキーワードで検索してください。
LOADING

ローリング内沢のセガ先輩のはなし

先進技術で時代を先取! たまに時代を先取りし過ぎてご愛敬!?
そんなセガを「先輩」に例え、愛をこめてローリング内沢が
自由な切り口で語る不定期連載コラム。

トップスペシャルコンテンツローリング内沢のセガ先輩のはなし 第26回

第26回
セガのオフィシャルバンド、
”S.S.T.BAND”生誕30周年!

いきなりですが、みなさん! ”S.S.T.BAND(エスエスティーバンド)”はご存じですか?

往年の”セガ先輩”(敬意を表してこう呼ぶ)のファンならもちろん知っている人も多いと思いますが、”S.S.T.BAND”とは、1988年~1993年まで活動したセガのオフィシャルバンドの名前なんですよね。
その”S.S.T.BAND”が、なんと今年(2018年)で、生誕30周年を迎えたとのこと!それを勝手に祝しまして、今回はセガのオフィシャルバンド”S.S.T.BAND”の歴史とその魅力に迫ってみたいと思いまっす!

時はさかのぼること1988年。

“S.S.T.BAND”は、当時のセガ(現:セガ・インタラクティブおよびセガゲームス)のゲームミュージックをバンドアレンジし、アルバムに収録することを目的に結成されたバンドでして、ゲームミュージックバンドとしては、なんと”世界初”!

なお、結成の前年(1987年)に、東京・池袋で開催されたイベント、”アフターバーナーパニック”にて、セガのサウンドチームがバンドを組んで演奏したのが、”S.S.T.BAND”の前身となっているそう。

"S.S.T.BAND"の初期メンバー(1989年ごろ)。
左上から、飯島"Galaxy"丈治、川口"Hiro"博史、小森"Burner"伸吾、塚原"獣王"啓介。
左下から、田辺"Thunder"健彦、松前"Harrier"公高、並木"Mickey"晃一(敬称略)。
(写真提供:ウェーブマスター)

そして、”S.S.T.”とは、”SEGA SOUND TEAM”の頭文字を取ったもの、と同時に”SUPER SONIC TEAM”の略でもあるそうです。

結成年(1988年)の7月にデビューアルバム『GALAXY FORCE -G.S.M. SEGA 1-』をリリースし、これまでにアルバム、シングル、ライブビデオ(VHS・LD・DVD)などを含めて20作品以上もリリースしている、いわば伝説的なゲームミュージックバンドなんです。

デビューアルバムをリリースした”S.S.T.BAND”は、その後に続くゲームミュージックバンドブームの火付け役となり、各ゲームメーカーからは、ZUNTATA(タイトー)、ゲーマデリック(データイースト)、J.D.K.BAND(日本ファルコム)、矩形波倶楽部(コナミ)、アルフライラ(カプコン)とったバンドが発足。

"S.S.T.BAND"のデビューアルバム『GALAXY FORCE -G.S.M. SEGA 1-』

さらに、1990年に入ると、”ゲームミュージックフェスティバル”という、ライブイベントが毎年開催されるほどゲームミュージックバンドの潮流は大きくなり、なんとイベントの全盛期には”S.S.T.BAND”を含む、計6組のバンドが2日間に渡ってライブを繰り広げたほど、まさにゲーム業界的にも大きなムーブメントだったんですよね。

かくいうボクも、1984年に、日本で初めてのゲームミュージックのサウンドトラック『ビデオ・ゲーム・ミュージック』(プロデュースは細野晴臣氏)に出会って以来、ゲームミュージックの魅力に惹かれ、当時はリアルタイムで”S.S.T.BAND”の活動はチェックしてたクチ。

そんな”S.S.T.BAND”ですが、1993年に開催された”ゲームミュージックライブ 電撃 ’93″のステージ上で、突然の解散宣言をし、その5年間の活動に幕を閉じたんです(ファンにとっては衝撃的な出来事でした)。

"S.S.T.BAND"の後期メンバー(1991年ごろ)。
左上から、松前"Harrier"公高、並木"Mickey"晃一、飯島"Galaxy"丈治、光吉"R三郎丸"猛修、
斉藤"Turbo君"昌人。写真下、熊丸"Splashくま"久徳(敬称略)。(写真提供:ウェーブマスター)

1992年には、F1ドライバーのリカルド・パトレーゼ、ゲルハルト・ベルガーのテーマ曲を担当するまでに台頭した”S.S.T.BAND”。

“伝説のゲームミュージックバンド”として、いまでも惜しまれつつも語り継がれているなか、2018年12月15日に生誕30周年記念アイテムとしてCD5枚組+DVD1枚の『S.S.T.BAND -30th Anniversary Box-』が発売されます。

これがまた豪華でして、”S.S.T.BAND”が、いままでにリリースしたさまざまな”アレンジバージョン”の楽曲(ライブ音源含む)61曲を収めたCD5枚組にくわえ、プロモーションビデオやライブ映像など、29プログラムを収録したDVD1枚がセットになったスペシャルボックスとなってます。

生誕30周年記念アイテム『S.S.T.BAND -30th Anniversary Box-』のパッケージ。

さらに、”S.S.T.BAND”の元メンバーからのコメントや、当時のインタビュー記事やライブレポート記事などをまとめた全52ページのブックレットも同梱されているという大ボリューム。

ちなみに、この『S.S.T.BAND -30th Anniversary Box-』のブックレットの編集を担当したのは、なにを隠そうこのボクでして、ちょっと最後、宣伝っぽくなっちゃいますけど(笑)、”S.S.T.BAND”の当時のファンには懐かしく、また当時の活動を知らない若いファンには興味深い情報が盛りだくさんのブックレットに仕上がっていると思います。

『S.S.T.BAND -30th Anniversary Box-』には、『Magical Sound Shower (アウトラン)』や、『Opa-Opa! (ファンタジーゾーン)』や『Closed Upon Me (獣王記)』など、みなさんが知っているセガのゲームミュージックの名曲がたくさん盛り込まれていますので(全収録楽曲リストはレーベルの公式サイトを参照!)、ぜひぜひチェックしていただければと思います!

あ、余談ですが、ボクのオススメは”Disc-III”(5枚組CDのうちの3枚目)です。”Disc-III”には、さまざまな楽曲のライブバージョンが収録されていまして、お客さんの声援や拍手なども含め、当時(1990年)の臨場感や熱量が凝縮されているんですよね。

しかも、全編ライブバージョンなので、曲がメドレー形式になっていたり、さらにオリジナル版とは異なるミックスもされていて、聞いてて楽しいんです。ぜひみなさんも、この機会にお聞き逃しなく!

最後となりますが、”S.S.T.BAND”生誕30周年おめでとうございます!

“S.S.T.BAND”の元メンバーで、セガ・インタラクティブ所属の川口さん、光吉さんのクリエイターズインタビューはこちら!

川口博史(Hiro)さんクリエイターズ インタビュー
光吉猛修さんクリエイターズ インタビュー

WAVE MASTER『S.S.T.BAND -30th Anniversary Box-』特設サイト

文・ローリング内沢/2018年12月14日掲載

ローリング内沢

1970年、東京生まれ。ライター、編集者、ゲーム批評家。
ゲーム情報誌の編集者を経て、2000年4月よりフリーランスとして活動。
得意分野はゲーム、クラブミュージック、グラフィックデザインなど。
趣味が高じて、クラブDJとしても暗躍中。
イラスト:荒井清和

このページをシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
PAGE TOP