セガ・アーケードゲームヒストリー

2018.08.09 さらにコラム追加!

第15回セガ ファッションでクールにキメる!

2018年08月08日掲載

先日、衣装ケースの整理をしていたら、'90年初頭~中盤に都内のセレクトショップで購入した、ソニックのグラフィックTシャツ、そして、SEGAのロゴをもじって作られた、アメリカのストリートブランドTシャツなど、レアなゲーム系(セガ系)ウェア(どちらも輸入モノ)が発掘されました。

残念ながら、どちらもオフィシャルのライセンス商品ではないのでここで紹介できないのですが、当時はこの手のゲーム系ストリートウェア(Tシャツや帽子やバックなど)はとても珍しかったんですよね。

いまほどゲーム系ウェアが一般化されていなかったし、ましてやオフィシャルのライセンス商品も少なかった記憶があります(子ども向けのウェアやグッズは多かったのだけど、若者向けの商品はとても少なかった)。

まえに当コラムでちょっと書きましたけれど、'90年代初頭~中盤といえば、ゲームとストリートカルチャーが融合しつつあった時代で、ストリートカルチャーを意識したゲーム系ウェアが出回りはじめたころ。

とくに海外(アメリカやヨーロッパ)で、ソニックの人気が高かったこともあり、そんなクールさがストリートカルチャー(アパレル系にも)に飛び火したんだと思います。

◆     ◆     ◆

  

そして昨今、このようなゲーム系ウェアは、"ユニクロ"や"しまむら"といったファストファッションで取り扱われるくらい一般化しましたよね。"しまむら"で今春登場した、セガの歴代ハードや作品とのコラボレーションTシャツの記憶も新しいです(コンシューマ関連をモチーフとしたデザインが多いけど、アーケード関連のコラボもぜひ期待したい!)。

また、レディースのハイブランドでもゲームキャラをモチーフにした商品が登場したり、ゲームキャラクターとコラボしたスニーカーも発売されたりしている。

ほんとここ最近、ゲーム系アパレルが一般化されて、数も増えたなあと。これまで、そのようなことを行っていなかったゲームメーカーまでも積極的にアパレル展開を進めていて、そういう側面を見ると、'90年代にゲームをストリート(&ポップ)カルチャーに押し上げたセガ先輩の功績は大きいなあ、と感じます。これまで、そういうストリートカルチャーとのミクスチャーって、セガ先輩のお家芸だった部分もありますからね。

◆     ◆     ◆

  

そんな"セガ先輩"ですが、公式ショップのセガストア(http://ebten.jp/sega/)にて、さまざまなゲーム系ウェアを展開しています。せっかくなので、今回はそのなかで個人的に気になったTシャツをご紹介したいと思います。

ちなみに、アーケードゲーム関連のTシャツですと、『ボーダーブレイク』、『Wonderland Wars』、『三国志大戦』、『maimai』、『WCCF』などなど、さまざまなタイトルの商品が揃っているのですが……。

ボーダーブレイク

▲『ボーダーブレイク』

ボーダーブレイク

▲『Wonderland Wars』

ボーダーブレイク

▲『三国志大戦』

やっぱり好きなのはコレかなー? "ギターソニック Tシャツ"(http://ebten.jp/sega/p/4531894662556/)です。ソニックってアイコン(キャラクター)として、すごくかっこいいと思うんですよね。ちなみこのソニックTシャツは、色味もデザインも渋くていいと思いまっす。

ギターソニック Tシャツ

▲『ギターソニック Tシャツ』

キャラクターやゲームタイトルロゴが、「ドーン!」って前面にプリントされたTシャツもあり、ファンにはたまらないものですけど、やっぱりTシャツって「着てかっこいいか否か」も大事なので、きちんと考えてデザインされているのが好みです。

もうひとつはこちら。"スペースハリアー筐体Tシャツ"(http://ebten.jp/sega/p/4531894634799/)。年号がデカデカとデザインされていますが、それがちょっとカレッジTシャツっぽくていいなーと。あとなかなか筐体がデザインされたTシャツって少ないですよね。そういう意味では貴重な1枚かもしれません。

スペースハリアー筐体Tシャツ

▲『スペースハリアー筐体Tシャツ』

ちなみに、"スペースハリアー筐体Tシャツ"の最新作はこちら。今年開催された"東京ゲームショウ2017"でリリースされたもの。なお、同じデザインで"パワードリフト筐体Tシャツ"もあります。まだ通販を開始していないようですが、バックにコイン投入口のデザインが施されていてシャレが効いてるなーと。

最新版 スペースハリアー筐体Tシャツ

▲『最新版 スペースハリアー筐体Tシャツ』

最新版

▲『最新版 パワードリフト筐体Tシャツ』

◆     ◆     ◆

  

とまあ、結局レトロゲームが中心のラインナップになってしまいましたが、そこはオジサンなのでゆるしてください(笑)。なお、セガストアではTシャツ以外にも、さまざまなセガ関連グッズを取り扱っているようなので、セガファンはぜひチェックを。掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!(最後、宣伝みたいなシメになっちゃった(笑))

ローリング内沢

1970年、東京生まれ。ライター、編集者、ゲーム批評家。
ゲーム情報誌の編集者を経て、2000年4月よりフリーランスとして活動。
得意分野はゲーム、クラブミュージック、グラフィックデザインなど。
趣味が高じて、クラブDJとしても暗躍中。
イラスト:荒井清和

©SEGA

参考資料:セガ・アーケード・ヒストリー(エンターブレイン刊)

<span>第23回</span>MCUさんと、ゲームやセガについて話してきた!【後編】