セガ・アーケードゲームヒストリー

2018.06.06 さらにコラム追加!

第19回JAEPO 2018、セガブース潜入レポート!

2018年06月05日掲載

さて、昨年に引き続き、2月9日(金)~11日(日)まで千葉県・幕張メッセ国際展示場で行われた、最新アーケードゲームの展示会・"ジャパンアミューズメントエキスポ2018"(以下、JAEPO 2018)に行ってきましたよ~!(ちなみに昨年開催の"JAEPO 2017"のコラムはこちら!)

総合受付

▲総合受付をパチリ。昨年同様に"JAEPO 2018"は、"闘会議 2018"と合同開催でした。

"JAEPO 2018"に出展された最新アーケードゲームの情報などは、さまざまなゲームメディアやニュースサイトでも紹介されていますから、その手の情報はそちらを見ていただくことにして、当コラムでは昨年と同様に、セガブースを中心にしつつも"JAEPO 2018"会場で、ボクが気になったアレコレを独断と偏見で紹介していきたいと思いまーす!

◆     ◆     ◆

   

というわけで、会場に入るやいなや、まずはセガブースへ猛ダッシュ! ブース受付で"取材許可証"いただきつつ、まずはどんなタイトルが出展されているか、ブース内をぐるりと一周!

セガブース

▲お客さんで溢れんばかりのセガブース。熱気がすごかった!

『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』
『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』

▲『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』コーナーに設置されてた等身大クリーチャーポップ。ふざけすぎてて、非常に良い(笑)!

『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』

▲クリーチャーになれちゃうオリジナルマスクも配布していました。

『StarHorse3 SeasonVII GREAT JOURNEY』

▲『StarHorse3 SeasonVII GREAT JOURNEY』ではポストカードを配布してました。タダなモノはもらう主義なので遠慮なくゲット(笑)!

『Fate/Grand Order Arcade』や『オンゲキ』、『艦これアーケード』、『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』、『SEGA World Drivers Championship』など、話題の新作アーケードゲームが盛り上がっているなかで、ボクのアンテナにピピッと引っかかったのはこちら! メダルゲームの『レッ釣りGO!』でございます!

『レッ釣りGO!』ブースの模様

▲『レッ釣りGO!』ブースの模様

『レッ釣りGO!』ブースの模様

釣りをモチーフにした、一見何の変哲もないメダルゲームのようですが、なんと特筆すべきはジャックポット時のメダルの払い出し方法!

天井につり下がっているアミから最大2500枚ものメダルが一気に払い出される仕組みで、これが笑ってしまうほどに豪快かつ圧巻で、見てて気持ちがいいんです。

『レッ釣りGO!』

▲ジャックポット払い出し方法の仕組みも展示されてました。これは気持ちいい!

ゲーム性はもちろんなのですが、『レッ釣りGO!』っていう、ちょっと"ゆる~い"感じのタイトルもイイんですよね。さらに、網漁の写真を使った製品パンフレットの表紙もインパクトがあって最高(笑)!

c_senpai19_img2

▲『レッ釣りGO!』の製品パンフレット。

なお、『レッ釣りGO!』は、メダルタワー自動生成機を生み出した『バベルのメダルタワー』開発チームが手掛けたというだけあり、そのアイデアの発想力と、それをしっかりと実現化するチャレンジ精神にはホント頭が下がります。やっぱり"セガ先輩"(敬意を表してこう呼ぶ)ってすげーなー!

『レッ釣りGO!』

▲ブース内を歩いていると、セガの名物宣伝マン・西村ケンサク氏に遭遇。「写真撮ってコラムに載せてください!」と頼まれる(笑)。載せたぞ!

ゲーマータレントの梨蘭ちゃん

▲そんな西村氏に誘われ、『ソウルリバース』のステージイベントを拝見。お友だちであるゲーマータレントの梨蘭ちゃんも出演してた!

プライズフェア

▲セガブースとちょっと離れたところにある、"プライズフェア"のエリアではクレーンゲームがフリープレイで楽しめる催しも! 各社のプライズ商品がゲットできるチャンス。

そして、その後は、セガブースをちょっと離れまして、他社ブースを散策! アーケードゲーム機器の総合展示会というだけあり、ゲームメーカーだけではなく、いろいろな関連メーカーがブースを出展しているんですよね。

とまあ、駆け足でレポートしましたけれど、これまで"JAEPO"に行ったことない人は、ぜひ一度足を運んでみてください。まるで会場が"大きなゲームセンター"のような雰囲気で本当にオススメでっす!

©2018 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
発売元:株式会社セガトイズ
販売元:株式会社セガ・インタラクティブ

ローリング内沢

1970年、東京生まれ。ライター、編集者、ゲーム批評家。
ゲーム情報誌の編集者を経て、2000年4月よりフリーランスとして活動。
得意分野はゲーム、クラブミュージック、グラフィックデザインなど。
趣味が高じて、クラブDJとしても暗躍中。
イラスト:荒井清和

参考資料:セガ・アーケード・ヒストリー(エンターブレイン刊)

<span>第21回</span>ゲーム業界を目指すなら学生時代にやっておいた方がいいこと