セガ・アーケードゲームヒストリー

2018.02.19 コラム追加!

忍者プリンセスビデオ

SPEC

稼働年月
1985年3月
ジャンル
ACT
プレイ人数
1人
基板
SYSTEM Ⅰ

ヤングの挑戦意欲をかきたてるゲーム。

反逆者である玉露左衛門から寒天城を取り戻すため、忍者のくるみ姫がぷうま忍者首領、大蒜と戦うアクションゲーム。
ボタンは3つあり、8方向手裏剣、前方手裏剣、忍術に対応。忍術は、使うと姿を消して無敵になるアクション。敵の忍者を倒し出現する巻物を取ると、強力な貫通手裏剣が使えるようになる。
全16ステージで、川に流れる流木の上や暴れ馬の群れの中で戦ったり、石垣をよじ登るシーンがあり、ステージ構成はじつに多彩。最終面では玉露左衛門が鉄砲を持って現れ、凶悪に連射してくる。特定の場所にランダムに出現するお地蔵様、案山子などの隠しキャラもある。難度は高めだが、展開の妙、ゲーム性ともにバランスのとれた名作といえる。

みんなの思い出投稿

(c) SEGA 1985

参考資料:セガ・アーケード・ヒストリー(エンターブレイン刊)

<span>第27回</span>社内向け展示会<br>''SEGA RETRO ARCADE EXHIBITION''!