セガ・アーケードゲームヒストリー

2018.10.23 コラム追加!

トランキライザーガンビデオ

SPEC

稼働年月
1980年6月
ジャンル
SHT
プレイ人数
1人
基板
デュアルボード

ジャングルに展開する決死の猛獣生け捕り大作戦

'猛獣を麻酔銃で眠らせ、トラックへ運びこむという斬新なルールのアクション。猛獣はヘビ(耐久性2発・$200)、ゴリラ(耐久性3発・$300)、ライオン(耐久性4発・$400)、ゾウ(耐久性5発・$500)の4種類が存在する。麻酔銃で眠らせて、30秒以内にトラックまで運んでいく。ゴリラはトラックから猛獣を逃すことができるので注意が必要。猛獣に接触するか、トラックの燃料がなくなると猛獣が襲いかかってきてゲーム終了となる。全種類一匹ずつ捕獲すると$600と燃料10リットル、全種類同時に眠らせると$4000と燃料フル回復(30リットル)というボーナスが存在する。戦略的に捕獲する楽しみがあり、プレイヤーの間でさまざまな攻略法が研究された。

みんなの思い出投稿

(c) SEGA

参考資料:セガ・アーケード・ヒストリー(エンターブレイン刊)

<span>第25回</span>『ボーダーブレイク』1/1プラモデル制作秘話【後編】