SIC_interview10-1_03.jpg SIC_sp_interview10-1_03.png

Creator’s Interview セガ・インタラクティブ 第一研究開発本部 ME研究開発部 プロデューサー/部長 佐藤直行

BE A GAME CHANGER! 佐藤直行

代表作

  • 『スターホース』
    シリーズ プロデューサー

代表作

  • 『スターホース』
    シリーズ プロデューサー

さまざまなゲームに触れるうちに、
「自分でゲームを作れたら面白いかも」と思ったんです

―佐藤さんの生い立ちについて教えてください。

1970年生まれ、出身は宮城県です。小学校時代は野球、陸上、バスケットボールなどの部活動に勤しんでいました。
「運動神経がバツグンだったのか?」と聞かれるとそんなことはなくて、ただ育った場所が石巻市という田舎の港町で人口が少なく、大会が行われるたびに駆り出されていたんです(笑)。
中学校時代はバスケと陸上、高校時代は陸上と、だんだん数を絞っていきましたが、基本的にはわりとアウトドア派だったと思います。スキーとか釣りとかも好きだったし、ボーイスカウトにも参加していましたので。

SIC_interview10-1_04.jpg
sic_interview10-1_05

―初めてゲームに触れたのは?

ちょうど小学校2~3年生のときに『スペースインベーダー』(1978年/タイトー)が登場しまして、そのころからゲームセンターやバッティングセンターで、ビデオゲームを遊ぶようになりました。
とくにシューティングゲームが好きで、『ムーンクレスタ』(1980年/日本物産)、『エクセリオン』(1983年/ジャレコ)、『ゼビウス』(1983年/ナムコ)、『1942』(1984年/カプコン)など、いろいろな作品を遊びました。
また、『パックマン』(1980年/ナムコ)や『クレイジークライマー』(1980年/日本物産)などのアクションゲームにもハマりましたね。当時のビデオゲームは、だいたいひと通りはプレイしたと思います。
そして、中学1年生のときには新聞配達のアルバイトをしてお金を貯めまして、そのバイト代で当時シャープから発売されていたX1(エックスワン)というパソコンを買ったんですよ。当時のパソコン少年なら、誰でもが通る道だとは思いますが、『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)に掲載されていたゲームのプログラムを打ち込んで遊びましたね。 それとちょうど同じくらいの時期にファミリーコンピュータも手に入れまして、『スーパーマリオブラザーズ』(1985年/任天堂)など、当時流行っていたソフトはだいたいプレイしました。
ちなみに、セガ のハードは友だちが持っていたので、よく友だちの家で遊んでましたね。

SIC_interview10-1_6.jpg

―学生時代からゲーム業界での仕事を志望されていたのですか?

中学・高校のころは漠然と、「ゲーム関係の仕事も面白そうだな」程度には思っていました。
しかし、高校卒業後は、弁護士を目指すべく京都にある大学の法学部に入学しました。ただ、いざ法学を勉強をしてみると、「ちょっと違うな」と思って、ちょうどそのころ『ストリートファイターII』(1991年/カプコン)が流行っていたのですが、大学生活の4年間で改めてさまざまなゲームに触れるうちに、「自分でゲームを作れたら面白いかも」と考えるようになったんです。(※注釈)
※メーカー名はすべて当時のものです。

佐藤直行[後篇]

株式会社セガホールディングス
セガ 製品情報サイト
セガプラザ公式サイト
セガグループ インターンシップ