Creator’s Interview

ゲームプランナーを目指したきっかけは、
「こうしたほうが面白くなる!」という気付きから

-ゲームプランナーという職業がある、ということは、いつごろから認識されていましたか?

辻崎

大学で就職活動を始めたときですね。それまでは何となくデザイナーやプログラマーと同じように、「ゲームの内容を考える職業もあるんだろう」ぐらいにしか思っていませんでした。

松本

僕も、前職の公務員を辞めてから、ゲーム業界に詳しい人に聞いて初めて知りました。

佐久間

ゲームを遊ぶ側として、プロデューサーやディレクターという存在は知っていましたが、プランナーという職種がどのような業務を行うかまでは、ほとんど知りませんでした。実際、細かいことは入社してから知りましたね。

-そもそもプランナーを目指そうと思った理由は?

松本

ゲームが好きだったから、ゲーム開発に携わる仕事がしたいと思っていました。ある日、ゲームに詳しい友だちから、「おまえはコミュニケーション能力もあるし、プランナーに向いてるんじゃないか」と。公務員時代に、仕事の関係でさまざまな方とお話しする経験をしたので、そう言ってくれたのかも。それがきっかけで、プランナーに転職しようと思ったんです。

佐久間

ゲーム好きならば、ゲームを遊んでいるときに「ここはこうしたほうが、もっと面白くなるのに」と思うことって1度や2度はありますよね? 僕は、そのような想いが理由のひとつになっています。 大学では、プログラムもデザインも勉強したことはなかったのですが、企画を考えるプランナーならば、アイデアを形にする力があれば実現できるのではないか、と思ったんですよね。

辻崎

僕は、大学のカリキュラムでプログラミングを勉強していたのですが、その時、ゲームのどこを改善したら面白くなるかを考える作業や、実際にプログラムを書き換えてその結果を検証するといった作業に面白さを見出して。プログラマーよりもプランナーのほうが性に合っているな、と思ったのがきっかけです。

-プランナーを目指そうと決めたのち、何か特別な準備などは行いましたか?

松本

一般的な就職活動と変わらないのですが、まず自分を見つめ直すことから始めました。自分は何をしたくて、何を役立てることができるのか、ということを考えましたね。 あとはエントリーシートの書きかたを調べたり面接の練習をしたり。また、知り合いにゲーム業界関係者がいましたので、時間をかけていろいろと話を聞きに行ったりもしました。

佐久間

僕も似たような感じです。僕の場合は、大学時代の知り合いにゲーム業界の方を紹介していただき、その方からまた別の方、そこからまた別の方……と、人脈を増やしつつ、情報を集めました。

辻崎

僕は、ふたりと違って、ゲーム業界に知り合いがいるわけでもなかったので、王道的な就活準備をしました。 新卒採用で行われる一般的な適性検査の勉強をしたり、卒業制作でゲームを作っていましたので、それをポートフォリオの形にしたりなどの準備を行いました。

株式会社セガホールディングス
セガ 製品情報サイト
セガプラザ公式サイト
セガグループ インターンシップ